ここでも地方への移住支援が

テレビで見ましたが東京圏内の高齢者に対して地方への移住を進めて欲しい事が明らかになった。
これは日本創生会議で明らかになった話らしい。

都内では介護施設や病院のベット数が不足なると言われている事でこの様な事になっている。
しかし、地方では介護職員の不足があると思われている。

地元のハローワークに行っても求人を求めているのが「介護職」なのです。
求人票を見ても「未経験可」と書いてありますが会社側が欲しいのは即戦力になる「経験者」らしい。

未経験者では間に合わない事があるのでこうした即戦力を求めている事がある。
そして、学生の介護職の敬遠される事もあってこうした問題があると言われている。

今回のこの会議の提言を進めると更に介護士が不足になると思われています。
改善も必要もあると思っていますがこの会議には移住を進める事しかないと思われている。

こうした課題をどうこなすのかはっきりとしない所が多いと思っています。
地方でもこうした問題があると思われている。

何か発見をしないと支援が出来ない県もあると思っている。
民会会議からの提言は受け止められるのか判断が難しいと思っているのです。

これをかけて食べている人がいる

シチューと言いますと煮込み料理に相当になると思われている。
しかし、このシチューをご飯にかけて食べる人がいるらしい。

さすがに母の滴プラセンタex お試しを一緒にする人はいないでしょうけど。

普通ならパンと一緒に出して食べる人もいましてつけて食べている事が正しいらしい。
しかし、ご飯にかけて食べている人がいるらしいのです。

これを見た人には絶対許せないと思った人が多くいたと思われている。
リゾット感覚で食べてる人もいるので納得がいかないと怒る人もいます。

実はこの論争はテレビでもしていたのですがここでも議論がしたそうです。
意見が異なることになりましたが見ている人には納得が出来なかったと思われていると思っている。

でも、一番わかりやすいのがビーフシチューだと思っている。

付け合わせのパスタを絡めて食べる事になっているのです。
そして、パンもつけて食べるようになっていたらしい。

しかし、クリームシチューはどうしたかと言いますとやはりご飯にかけて食べている人がほとんどだったのです。
でも、溶けるチーズがあるとこんな料理も出来るのです。

それが「ドリア」になる事も出来るのです。
こうした、かけて食べるよりかアイデアをすれば美味しくなると思っている。

このまま食べたらおかしくなる事はあると思っています。

「元少年A」の手記

1997年ということは、もう20年近く前になるんですね。
「神戸連続児童殺傷事件」の犯人の男性も32歳になって、名前も変え、新しい人生を歩んでいるんすね。
その彼が、事件の経緯やその後の人生の手記を出版したことが発表されました。
波紋が広がるのは当然だし、出版を事前に知らされていなかった遺族の気持ちが逆なでされるのも容易に想像できますよね。
遺族は、ずっと子供の歳を数えていると思いますよ。
同級生が、高校に入った時の制服姿、大学に入った時の晴れがましい姿を見て殺された子供のご両親の気持ちは、どれ程のものだったか・・・
本当ならば、その中に自分たちの子供もいたはずなんです。
一番、ツラいのは成人式の日だったんではないでしょうか?
晴れ着に身を包んだ、新成人の晴れ姿がテレビで何度も流れます。
口惜しさと、悲しみで気が変になりそうだと思います。
なぜ、我が子はそこにいないのか、どうして自分の子が犠牲にならなければならなかったのか。
実際に買って読んだ人から、『感動した』とか『参考になった(何の)』?といった意見も少ないけれどあったと出版社の担当者は言っています。
これこそ、遺族の気持ちを逆なでするもの以外のなにものでもないですよね。
読んだ人は、何に感動し、何が参考になったのでしょう。
確かに、少年院を出た後のフォローなど今まで書かれた事がないことが分かるという出版社サイドの意見も分からなくはないです。
でも「ご冥福を祈ります。本当に申し訳ありませんでした」の一文に遺族の慟哭が聴こえてくるような気がしてなりません。

バナナケーキは絶品でした

今日は主人と、私の友達の娘さんが開店したばかりのカフェに行ってきました。
カロリナ酵素プラスは先に飲んでから行きました。
「小さくて、しょぼい店なのよ~」なんて言ってましたが、実際行ってみると、なんのなんの“素敵なお店”でした。
子供さんが、いらっしゃらないので思い切って自宅の一階をカフェに改装!
ユッタリと席も取ってあり、もったいないくらい。
“本日のケーキ”は手作りなので、その日によって変わります。
今日は、バナナケーキに、アイスはバニラ、苺、チョコ、抹茶の中から1種類をチョイス、ブルーベリーとクランベリーが添えてあって450円。
安くないですか?
セットにするとコーヒーは250円になるんですが、注文が入ってから豆を挽く凝りようです。
バナナケーキは甘過ぎず、私も主人もペロリと平らげました!
カップもお皿も落ち着いた感じで、良かったです。
まぁ、趣味でやってるみたいとは言え・・・お客のこちらとしては、安くて美味しくて嬉しい限りですが。
自宅の1階だからテナント代もかからないし、席数を少なくしてる分、スタッフ雇わなくて良いから、この値段でやっていけるんでしょうけど。
モーニングサービスもランチも美味しそうだったので、次はどちらを食べに行くか悩んでいる、お気楽夫婦です。

あたらない牡蠣は本当につくれるの?

私は、貝類が大好きです。
ハマグリ、赤貝、ミル貝、シジミ、ホタテ、貝柱、う~ん美味しいですよね。
なのに主人は、イマイチ形が気持ち悪いと言って食べません。
牡蠣は、生も美味しいですが、焼いてもグラタンにしても最高です!
ただ、苦い思い出が一度だけですがあります。
私が、以前勤めていた会社では、年に一度会社の敷地内で“牡蠣パーティー”がありました。
役員が主催で、わざわざ牡蠣で有名な所へ社員が買いつけに行き、その日は皆定時で仕事を終えて牡蠣を焼いて食べるんです。
この日ばかりは、役職者が牡蠣を焼いてくれて、熱々の牡蠣にレモンを絞って食べると“まいう~”です。
ところが、牡蠣にあたりました。
一人は、食べ始めて数時間後には吐き気がしたのですが、結構ビールを飲んでたので悪酔い?くらいに考えてました。
私は、次の日に用事があって出かけたのですが…微熱と立ってられないほどの倦怠感に吐き気がして休日当番の病院へ主人に連れて行ってもらいました。
新型インフルエンザの疑いがあるとのことで隔離されましたが、牡蠣にあたったのでは?とあっさり釈放されました。
休み明けも、スッキリせず一日仕事を休む羽目になりましたが、他にも同じ症状で5人休んでたそうです。
今、ヒューマンウェブという会社が、新しい浄化システムを開発して“あたらない牡蠣”を生産しているという嬉しい記事が載っています。
低価格で大量にウイルスフリーの牡蠣を生産する事が目標だそうです。
牡蠣にあたって以来、生牡蠣が食べられなくなった私には朗報です。

PL学園の野球部廃止って

野球の事をほとんど知らない私でもPL学園の名前は“野球がスゴク強い学校”“全国から野球が強い子が集まってる学校”として知っています。
そのPL学園が、2年連続して新入部員を受け入れていない!って驚きました。
春夏を通して、優勝が7度の高校野球の名門なので、PL学園に入学するために野球頑張ってきた子たちもいるでしょうに・・・
来年度も新1年生の野球部員受け入れないと発表したみたいです。
2016年度は、今いる2年生12人だけで大会に出場するみたいですが、何だか可哀そう。
キッと甲子園を夢見て今までやって来たんじゃないかな~
それがなんと廃部とは。
私が、知っているのは清原、桑田くらいですが、激戦区大阪の強豪校であることは分かります。
学校サイドは、野球部に新たな部員が加わることはなく、新3年生だけで活動することになるとコメントをしてます。
今年春の大阪大会では準々決勝で大阪桐蔭に1-8でPL学園が、まさかのコールド負け。
3年生が引退して、今の2年生が来年夏の大会を終えれば、部員は0人になるので事実上の廃部ですよね。
一体どうしてこんな事になったかは分かりませんが、2001年に部員によるいじめが判明、それ以後も不祥事が続いたようです。
野球部員の暴力事件が発覚して、半年間の対外試合停止処分になったり、当時の監督が辞任したりとトラブルというか、統制がとれてないというか。
全国からスカウトで集まった野球部・・・大きくなり過ぎたのでしょうか?
コラージュフルフルスカルプシャンプー

残り10記事

今日は、テーマについては、自由のブログ日記の記事の作成のお仕事がやっと残り10記事になりました。
以前から書き溜めていた300文字詰めのテーマが自由の記事40記事分のストックがありましたので、その未使用の記事を「そして、」という接続詞でつなげることによって、600文字の記事が作れます。
その記事を20記事とカウントすることで残りは30記事分を用意すればいいという状況でした。日々起こりうる日常の出来事、1記事につき300文字詰めで記事を作る時はわりとうまく文字数も調節をしながら書き進めることができていました。
いかしながら500文字となると、今までの記事を細かい内容に分けて引き延ばす必要が出て来る感じになっていました。引き延ばしとはいっても300文字の時とほぼ内容的には変わらない感じになっているので、それを引き延ばすとはなかなかテクニックのいることとなっていました。
ただ、300文字を500文字にする記事になったことで今まで見逃していた描写なども細かく引き出せるようになったような気持ちがしました。
私の職業はイラストレーターと画家なので、物書きではないのですが、物書きとしての能力もかなり上がったような気がします。

今日のお昼

今日のお昼ごはんは、ホットケーキにしてもらえました。焼き上げたホットケーキの上にバターとハチミツを塗ったものでした。
少し便秘気味なので、美爽煌茶と一緒に頂きましたよ。
私はその殺風景なホットケーキを見て、それをこしらえた母親に対して、ジャムはないの?と聞きました。
そうしたところ、母は、ジャムなら冷蔵庫にイチゴジャムがあると伝えてきました。私が自分自身で塗ると、後で母にそれは塗り過ぎだのなんだのと言われると思いました。そこで、母に調節してもらいました。
母が私に出したホットケーキをこれ1枚しか焼けていないから一口頂戴と言って、一口分切り分けて食べていました。私は食べる前にこれだけではおそらくお腹が満たされないだろうと思いました。
そこで、もう一品出ていたバターロールふたつに対して、ひとつのシーチキンのカンヅメをつけてもらうことにしました。ただ、いつもならシーチキンにかけるマヨネーズがあるのに、今回に関しては、マヨネーズの賞味期限が切れているという理由でマヨネーズなしのシーチキンのカンズメになりました。
ただ、これではあまりにも味気ないと感じた私は、そこに塩こしょうをかけました。
後で気がついたのですが、塩こしょうをかけなくても塩味は十分についていました。

ワークチェア(椅子)を買ってきたんですけど・・・

自分はよくパソコンを使うのですが、今までは食卓とかにあるような極普通の椅子を使ってたのですが、やっぱそれなりの椅子を使いたいなーっと思って、新しくワークチェアを買うことを決意し、そして買ってきました。
ワークチェアってのは結構大切で、特に自分は作業などで長時間座ることが多いから、できるだけいいワークチェアを使って身体の負担を減らせたらな、と思い、奮発して某大手家具店でちょっぴりいい値段のワークチェアを買ってきました!
あまりワークチェアを買う機会が無いので忘れてたんですけど、結構重いですね。持ち運びがかなり大変でしたけど、なんとか一生懸命組み立てて、意気揚々と使おうと思ってきました。
ワークチェア自体はすごくいいですね。やっぱ普通の椅子とは違って柔らかいですし、疲れたら背もたれに身体を預けることで休憩もできて、楽ちんです。でも、ここで問題が・・・。
自分の部屋はあまり広くない上に物も多く、その上、家具とベッドやロフトの関係で、あまり広くないスペースにワークチェアを置かざる負えないため、すごく狭いんですよね。
しかも、床はフローリングじゃなくてカーペットなので、車輪が動かなくて移動がしにくいんですよね。
だから、作業してる時は問題ないんですけど、席に座ったり立ったりする時が大変だったり、部屋の移動が大変なんですよね。
結構衝動買い気味に買ってきたので、もうちょっと考えてから買った方が良かったかなーと、少し後悔しました。
みなさんも、椅子やワークチェアを買うときは、商品の下調べだけでなく、部屋などの環境の事も考えてから、買い物にいきましょうね。

紅茶について

私は紅茶の事について興味があります。
ふるさと青汁 楽天にも興味があって情報を参考にしらべていたりもします。
紅茶は普段、食後に飲んだりしています。
私は熱々の紅茶よりも、熱々よりちょっと低めのお湯に入れた方が美味しいと思います。
ポットからお湯をカップに入れてカップを温めて、ティーポットにお湯を入れる。
ティーバッグならば45~90秒くらい蒸して、カップのお湯を捨てて、ティーポットからカップに紅茶を注いで完成です。
これで、「美味しい紅茶が飲める」というので、早速、試してみましたがほんとにおいしかったですね。
カップが温かいので、紅茶の香りが引き立つ気がします
ダージリンって名前はよく聞きますが、産地は北インド地方で、紅茶のお店では【茶園ごとに売られている場合もある】というのに驚きました。
そういえば、ファーストフラッシュ(ダージリン地方の春摘茶)や、セカンドフラッシュ(特徴的なマスカットフレーバー)などがあるらしいです。
一口にダージリンと言っても、「奥が深いんだな」と思いました。
他にアッサムやセイロン等たくさんの紅茶の種類があるので、そのたびにいろいろ覚える事があって、ますます興味がわきました。
食後の一服に紅茶の頻度が上がりそうです。その時には砂糖を入れずにストレートで味わいたいですね。